時節流るるが如し

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
  New! スクラップ

  ジャンル

  INDEX

  LINK

  プロフィール&このサイトについて


  その他

三文ブログA顆粒

雑多な趣味のスクラッブログ。    This blog is not worth a penny.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■気分はくらしっく


せっかくフレットの打ち直ししてもらったのに、調整が出来てないので
ビビリまくりな、日本アカデミア楽器製クラシックギター。

やはり一本は持っておきたい、この手。
ワインを舐めながら、軽くビールを飲みながら、
ぼっさのばを爪弾きたい。

そこでこのギターを、勇気を持ってもう一度修理(調整)にだすか、
もしくはもう少し高めのフレットにまたうち買えてもらうか。
(やすいので)
などと考えている。

せっかくだから最低限しっかりしてるものを新たに手にいれるか。

なにをカウにせよ、軍資金が必要で、その範囲の中で選びますが、
ろーん嫌いな私はなにを隠そう、キャッシュ派。
おさいふを覗き、考える。



ホセ・ラミレス R1
トップ:シダー単板
サイド・バック:アフリカンマホガニー
指板 :エボニー


とか、どうよ、とか。

でもこの手は専門家に言わせても、基本的に「使い捨て」らしい。
いや、直して使うものなのだが、そういう意味で中古は何かと訳あ
りなので、良いものを探すのはむずかしい。
(直して仕えばいいんですが、ほら、外地にいると。)

で、ほせ、らみれす。

De

このシリーズは車で言えば、カローラでしょうか。
「ラミレスの品質を、より多くの演奏家に解放するシリーズです」
だそうです。

ちなみにあの「Ayers」はベトナムで作ってるというので探したけ
ど、サイゴンのギター工房通りには無かった。


早い話、アカデミアさんがべとなむギター工房できちんと直って
くれれば、それだけの話なんですがね。



さて、ボサノバにはわいんかな、と、もういっぱい。






| Guitar | 05:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:56 | - | - |









http://3monblog.jugem.jp/trackback/464



"買いたい"Mono や "買った"Mono

SRV仕事集
SRV仕事集 (JUGEMレビュー »)
スティーヴィー・レイ・ヴォーン