時節流るるが如し

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
  New! スクラップ

  ジャンル

  INDEX

  LINK

  プロフィール&このサイトについて


  その他

三文ブログA顆粒

雑多な趣味のスクラッブログ。    This blog is not worth a penny.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
すとらとについて


20年以上前のすとらとです。
当初はシャッキシャキのカランカランな音だったフェスタレッドも、
汗まみれでライブしたり、家でラッカーを剥がしたり、ケースに
入れて冬眠させたり、などを経た結果、今ではとても良い音が
でるようになりました。



ナットは数年前にオレかた何かして現在は樹脂製に交換してあ
るが、特に音が悪くなった印象は無い。
ネックの指板のラッカーはいつの間にかところどころ薄くなり始め、
裏はなぜかラッカーが飴色に輝いている。



さて、どのように音が変わってきたか。
なぜオールドと言われるフェンダーは良い音がするのか。
(いちおうこのフェスタレッドもぷちおーるどになるだろう)

一般的には加振効果や、経年による木材からの水分の蒸発、ピッ
クアップのやれ具合、などなど言われているが、その通りだとおもう。

当初はほんとにシャッキシャキのカランカランな音で、音作りに苦労し
たのを思い出す。(とかいって大した腕があるわけでもなく)
リアPUなんかは使うしちゅえーしょんがなく、フロントはあれなんで、
当時はほとんどセンターを使っとりました。
今では三つのUPがそれぞれ角がとれたように本質の音のみが前に
出て来る感じで、非常にいいです。



カスタムショップ製のばーがんでぃみすとの陰が薄くなるようだ。
が、かといってばーがんでぃみすとが悪い音なのではない。
それなりの職人が作った良いギターなのである。ただ音が前に出
てくるようになるには、もうすこし時間が必要なようだが。

しかし、こ、この弾きこんだフェスタレッドの音は、なんなんだ!

いずれはフレット打ち換えもしなきゃならんが、まだいい。


と、ネックにフィンガーイーズをスプレーして、今日もスカットルバッチ
ンを弾くのである。Docomo119




ところで、


シンライン、気になるギター。




5年後くらいにかおうかな。




| Guitar | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:39 | - | - |









http://3monblog.jugem.jp/trackback/459



"買いたい"Mono や "買った"Mono

SRV仕事集
SRV仕事集 (JUGEMレビュー »)
スティーヴィー・レイ・ヴォーン