時節流るるが如し

Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
  New! スクラップ

  ジャンル

  INDEX

  LINK

  プロフィール&このサイトについて


  その他

三文ブログA顆粒

雑多な趣味のスクラッブログ。    This blog is not worth a penny.
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
■「爪切りは慎重に」の巻
昔の人のように手を働かせないし、裸足で生活しているわけでもないので、当然現代人はツメが伸びる。そして、時々爪切りでツメを切る。しかしその作業を慎重に行わないと、「切りそこない」のツメが“いたずら”をすることがある。

ツメの左右どちらかの端っこの“切りそこない”が、爪全体が伸びていく過程で、単独行動を始める。切りそこないを知らずに次回の爪を切る時に同じようにまた切りそこなうと、その部分のみが針のように伸び、尖ったその「切りそこない君」は肉を突き破って更に伸びていく。

わたくしは以前足の親指の爪がこのようになってしまい、自分でなかば手術するように出血と痛みに耐えながらその部分をほじくり出し、やっとの思いで切除したことがあった。

今回は左手中指の爪が犠牲になってしまった。



楽器を弾いても、キーボードを打っていても、スパゲッティーを茹でていても鈍痛があり、やがて明らかな痛みに変わってきたのだった。そして思い切って小鋏、爪切り、ピンセット、消毒液などを使い、以前と同じように小手術を始めた。しかし今回は切りかき君に出会うこと無く、大幅に肉ごとカットした血まみれの爪の端を見ながら作業を終えた。脂汗もかなり出たが「手術成功」とは言い難い。

さて、このような状態になると、日常生活に少なからず支障がでてくる。
常日頃から、いい加減な爪切りをやめ、慎重に行わなければいけない。
かと言って、他人に爪切りを任せるワケにはいかない。
全指深爪君になってしまったりすることがあるからだ。

つまり現在、楽器が弾けず、
「ストレスが溜まっている!」
という日記なのであった。



| misc | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 15:39 | - | - |









http://3monblog.jugem.jp/trackback/446



"買いたい"Mono や "買った"Mono

SRV仕事集
SRV仕事集 (JUGEMレビュー »)
スティーヴィー・レイ・ヴォーン